読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は、実験だと思う。

*ブログ移行作業中*【公開実験中】働くママの『もっと子どもといたい』を応援したい!

私が人生で「死にたい」と思った瞬間と、思いとどまった訳。

HELLO WORLDヽ(=´▽`=)ノ

 

マリです。

 

電通の女性社員が自殺、というニュースを

フェイスブックで知りました。

 

賛否両論あるトピックだとは感じながらも

思い出したことがあったので、

書き残しておきたいと思います。

 

私がこのニュースを見た時

正直な感想が

 

え、なんで会社ごときで死のうと思っちゃうの?

 

ということでした。

 

かなりびっくりしたし、衝撃でした。

 

でも、よくよく思い返してみたら・・・

 

私にもありました。

 

大学1年生の時、死のうと思ったことが。

 

そしてその理由は

 

成績が取れなかったから

 

でした。

 

12歳でカナダ・トロントに移住して

思春期真っ只中の中、語学という大きなハードルを前に

自分に自信をなくしてしまった時。

 

私にとって唯一の拠り所がずっと「成績」だったんです。

 

別に勉強が好きだったわけじゃありません。

でも、当時の私にはそれしか自信がもてるものがなかった。

 

だから、ひたすら良い成績が取れるように勉強しました。

 

そのかいあってか好成績で、

良い大学に合格しました。

 

でも、そこからが地獄でした(笑)

 

良い大学に入ってしまったということはイコール

全世界から頭の良い子が集まってくる

 

ということです。

 

それまでAばかりだった成績は

C、良くてもBになりました。

 

Aなんてとても取れる次元じゃなかった。

 

世の中には天才がいる

 

そう思い知った大学1年の秋でした(笑)

 

そしてその時の私を苦しめていたものが

もうひとつありました。

 

それは、大学の資金を親に出してもらっていたこと。

 

海外では18歳になると成人とみなされ

実家に住むのであれば家賃を請求する親もいるほど。

 

そこらへんはきっぱりしてるんです。

 

だから、私の周りの友達も親が出してくれて

大学にいくという人はかなり少数派でした。

 

だからこそ、

 

大学ではしっかりやらなきゃ

 

って強く思ってたんですね。

そうじゃなきゃ、親に申し訳ないと。

 

だから全然成績がふるわなくて

むしろ単位を落としそうになった時

私は心から怯えたし、

そんな私には生きる価値がないと思った。

 

今思うと笑っちゃうようなことだけど

本人は本気だったんです。

 

もう本気と書いてマジと読むくらい本気です。

 

でもね・・・

 

そんな時、私を踏みとどまらせたのは

祖母の存在でした。

 

私は小さいころからおばあちゃん子で

おばあちゃんが大好きだった。

 

だから、

 

私がカナダで死んだって聞いたら

おばあちゃん悲しむだろうなあ

 

って。

 

それだけで、思い直す事ができた。

 

このブログでも繰り返し伝えてきていますが

 

お金の問題は本当はお金じゃないんです。

 

私達が怖いのはお金がなくなることじゃなくて

孤独になること。

 

家族から、友人から、社会から、

見放されてしまうこと。

 

ダメだってレッテルを貼られてしまうこと。

 

そして、人はどんな環境でも「孤独」になれる。

 

一見、恵まれていて幸せそうな人でも

「孤独」だったりする。

 

そして「孤独」が怖いのはSOSを出せなくなること。

 

もしくは誰かが助けようと手を差し伸べても

それを受け取ることが出来ないこと。

 

だって、「私は孤独だ」って強く思ってるから。

 

そして自ら社会的な繋がりを断ってしまうこと。

 

そんな時に助けになるのは

やっぱり無条件の人の愛だし繋がりなんだと

私は自分の経験から思うんです。

 

どんなダメな貴方でもいい

 

って言って愛してくれる存在。

 

そして私は今、世界でたった一人

どんな状況でも24時間365日

無条件に愛してくれる存在を見つけました。

 

それが、自分でした。

 

そしてこの「自分を無条件に愛する」

ということこそが、この実験の根幹を担っています。

 

私が1日2時間という時間でも

目標金額を達成しているのは

 

自分のことを世界で一番大切に思っているから

 

です。

 

だって、大切な人の願いは叶えてあげたいでしょ?

 

その為に、覚悟を決めたんです。

 

だから私の今の人生の選択はとても楽です。

 

自分を大切にしている選択

自分をないがしろにしている選択

 

これだけを考えて、日々行動しています。

 

自分を大切にしている選択なのであれば

それが例えどんな非常識でどんなに非論理的であっても

全てにOKを出しています。

 

逆に自分をないがしろにしている選択であれば

どれだけ「もっとも」な理由がついていてもNGです。

 

私たちが生きている社会には

責任や常識やルールが存在していて

一見それはとてつもなく大きな権力を

持っているように見えるけれど

 

あなたの人生の舵取りを出来るのは

あなた一人しかいない

 

のです。

 

だから、まずはあなたの為になる選択をしていけばいい。

 

それが満足に出来るようになって初めて

人のことを考えればいいのだと思うのです。

 

「世のため人のため」は

自分を幸せにしてからでも遅くないと思うんです。

 

そして今死にたいくらい悩んでいる人が

もしこれを読んでいる方の中でいたら。

 

大丈夫だよ。

 

あなたは一人じゃない。

 

ここにも同じくらいどうしようもない人間がいるよ(笑)

 

それでも幸せに生きてるよ。

 

だから、大丈夫。

 

どうしようもないままでも

幸せになっていいんだよ。

 

 

マリ

 

LINE@やってます。

マリと1対1で話せるよ〜♫

http://line.me/ti/p/%40tdn3978i

 

【お知らせ】全国中間報告会ツアー日程一覧

 

◎10月16日(日)午前中@大阪

http://maripono.hatenablog.com/entry/2016/10/04/201516

 

◎10月18日(火)午前中@福岡

http://www.reservestock.jp/events/148090

 

◎10月20日(木)午前中@香川

(詳細は後日アップします!)

 

◎11月06日(日)@福島

(詳細は後日アップします!)

 

◎川口、沖縄は11月予定です。